私達、中央区医師会の医師は、
介護保険ではこのような役割を果しています。

1.申請

  • 申請には“主治医意見書”が必要です。これは申請する方のかかりつけ医(普段から掛かっている身近な医師)が、申請する方の介護に関する状態につき、意見を記入する書類です。
    1. 現在、かかりつけ医がいる方は、その医師のところへ意見書を御持参 下さい。
    2. 現在、かかりつけ医がいない方は、当医師会事務局までご連絡下さい。最寄りの優秀で親切な先生を、速やかに御紹介致します。 
    3. 尚、この申請に際し、費用は一切、掛かりません。

2.審査

  • 中央区では調査表と主治医意見書をもとに、6つの委員会で介護認定審査を しております。5人で構成される委員会には、1〜3人の医師が居ります。
    私達、中央区医師会の医師は、地域の住民の健康と生活を守るという立場から、医学的な専門知識を活用して、申請された方が公正で適切な介護サービスを受けられるようにアドバイスしています。
 

3.ケアプラン

  • 介護認定されますと、その程度によって介護サービスを受ける方に一番適切と思われるプランを立てます。例えば訪問診療、訪問介護、訪問歯科診療、ホームヘルプサービス、入浴サービスなどです。
  • 折角の介護保険も、このケアプランがきちんと立てられなくては意味がありません。中央区医師会立の訪問看護ステーションでは、実際の経験豊かなスタッフがケアプランをお作りしておりますので、下記の同ステーションまたは医師会事務局まで御遠慮なく御連絡下さい。

4.介護サービス

  • 私達、医師は、訪問診療、訪問看護などを通して介護サービスを受けられる方の日常生活の自立を援助し、より良い健康状態が続くようにお手伝いしております。

5.その他



中央区医師会:〒104-0054 中央区勝どき1−6−7
電話:3531−1048、FAX:3534−8229
E-mail:ishikai-info@chuoku-med.jp

訪問看護ステーションあかし:〒104-0051 中央区明石町1-6
電話:5565-1048、FAX:5565-5101
E-mail:houkan_st_akashi@div10.chuoku-med.jp